株式会社エプトは主な環境保全事業として観光地・河川・貯水池へのリボーン(鉄炭団子)の設置を 始めとする水質改善に取り組んでいます

frontTopTitle

現在、株式会社エプトの主な環境保全事業として各水源地への鉄炭団子の設置を始めとする水域改善に取り組んでいます。人の手により長い時間をかけて汚れてしまった水だからこそ、人の手で丁寧に、自然本来の生態環境を崩さない方法で本来の美しさによみがえらせることが大切だと私達は考えています。

s-s-CIMG1604 s-s-CIMG1392 s-s-CIMG5047

 

frontTopTitle2

鉄と炭が密着した鉄炭団子を水中に入れると鉄イオン(Fe2+)が発生して水中に増えていきます。
発生した鉄イオン(Fe2+)は赤潮やアオコの原因となるリンなどと化学反応し、有害プランクトンの発生を抑制します。

frontTop1

鉄イオンのつぶやき

解決可能:48億年前地球に生命誕生 と 生命維持進化の摂理を辿れば見える温暖化対策

―何人も逃れる能わず―  自然の摂理から、《気候変動はFe2+二価鉄》を水域水圏に補給し、再び温暖化ガス,他を結合し固定化すれば環境問題を確実に抑制できる日本発理論。                 平等に降りかかり 必 …

米国の科学アカデミー発:2018.8/8NHKニュース

  【残る絶望的虚無感】  科学者が真っ先に為すべき必要な事は、世の中を煽り不安にするのでなく、 『確実に解消でき,安全な解決術策』を示すのが研究者,権威.学者の役割のはずでは…………。  ※小細工技術では気候 …

米国の科学アカデミー発:8/8NHKニュース

【残る絶望的虚無感】 今すべき必要な事は世の中を煽り不安にするのでなく、 『確実に解消できる,解決術策を示す』のが研究者,権威学者の役割のはずなのに。 ※小手先技術では気候変動を抑制できない! News:研究者グループが …

【不許転載Copy禁止】 Fe2+生成原理 ×2策(鉄炭団子,シグマインテグラ)

IPCC.COP会議のパネルへ 温暖化ガスを削減(脱炭素化)すれば「負の連鎖地球自然環境」はどこまで戻るのか? 《二価鉄は地球を救う》 誰もが教科書で学ぶ世界共通の理論、常識的な原理,現象の詳述。   海も空も世界はひと …

PAGETOP
Copyright © 株式会社エプト All Rights Reserved.