株式会社エプトは主な環境保全事業として観光地・河川・貯水池へのリボーン(鉄炭団子)の設置を 始めとする水質改善に取り組んでいます

frontTopTitle

現在、株式会社エプトの主な環境保全事業として各水源地への鉄炭団子の設置を始めとする水域改善に取り組んでいます。人の手により長い時間をかけて汚れてしまった水だからこそ、人の手で丁寧に、自然本来の生態環境を崩さない方法で本来の美しさによみがえらせることが大切だと私達は考えています。

s-s-CIMG1604 s-s-CIMG1392 s-s-CIMG5047

 

frontTopTitle2

鉄と炭が密着した鉄炭団子を水中に入れると鉄イオン(Fe2+)が発生して水中に増えていきます。
発生した鉄イオン(Fe2+)は赤潮やアオコの原因となるリンなどと化学反応し、有害プランクトンの発生を抑制します。

frontTop1

鉄イオンのつぶやき

世界中に類がない「金属○○のイオン化」知的財産技術

 —-プロト,商品化—-  [技術1.]炭素C と 金属M とを二種間に異物を挟まない状態&隙間を作らない状態で 密着体を成形し  水中に置くと、電気陰性度の差・酸化還元電位差による電極電池が継続 …

スライム対策で雑菌浴防止.優しい入浴水(加湿器水,プール水,お風呂水を還元,光触媒殺菌)

還元水and光触媒水 -溶出実験で確認(ORP計)- 酸化還元 電極電位 電気陰性度 をキーワードとする。(特許知財技術) [炭素C と チタンTi とαを混合密着焼結材]とした具。   ◎水の(循環管路出入り両端)や( …

地球「生命の源点」必須ミネラルの二価鉄イオンを継続して生成する技術 [水溶性鉄イオンは不足状態]

米国の学者ジョン・Mは海洋鉄散布実証実験(水域水圏活用発想)のパイオニアですが「Fe2+」ではない。◎この実験以前に「水溶性の鉄イオン生成技術」・PAT5258171の鉄イオン生成体・が発明され、尚かつ「鉄イオンのキレー …

巨額の予算と歳月を使ってまでも「海洋鉄散布実験」をしたか?ナゼそれが生かされないのか??知りたい

COPにもIPCCにも反映されていない実験・・・     (地球を救うFe2+二価鉄) 何故に、 巨費を使って大勢の学者が行なった「HNLC海域.海洋鉄散布実験」の目的および理由そして成果とその生かし方は—- …

地球環境・気候変動対策・産業革新・他に 世界中で活かす装置 No.4

愚直に自然(土壌,水,空,生き物)と39年間向き会い問いかけ至った生涯の集大成技術、知的財産 です。 ―独創―Fe2+二価鉄イオン生成装置「シグマインテグラ」とは——key word 電気陰性度差 …

PAGETOP
Copyright © 株式会社エプト All Rights Reserved.