調和する地球環境にする!

《人為由来の化学物質》が生き物.動植物に『必要不可欠の水溶性鉄』を結合固定して摂取.吸収し難くし「貧鉄状態」にしている。この貧鉄水域が継続すると、食物連鎖も循環も欠損を起こし水中の生命存亡の危機。

【地球環境は貧鉄(Fe2+不足)になると生命の危機となる】…

〈人為由来の過剰な化学物質で栄養塩類〉が主原因となり深く関わり、水溶性鉄を結合沈澱(大量固定)して減溶する事が・「貧鉄」水域水圏での減溶されない富栄養化は赤潮やアオコのプランクトン大増殖を引き起こす〈赤潮やアオコの大量発生〉 ⇒すぐに大量発生のプランクトンは大量死滅を引き起こし腐敗して〈酸素欠乏〉と同時に益々〈貧鉄水域〉を誘引する。⇒⇒対策として、貧酸素・貧鉄水域に《未酸化の鉄ナノ微粉》や《二価鉄イオンFe2+》など供給して富栄養化水域環境を修復する。

※プランクトン類のバランスある増繁殖の下では水溶性二価鉄イオン(溶存態鉄)を摂取し「光合成」をするが、・偏った大量発生の終末は大量死滅し腐敗して・・溶存酸素を大量消費し「水域を貧酸素化」にする。→腐敗物のヘドロ堆積化は水質悪化悪臭を発生する。→その腐敗はさらに溶存態鉄(水溶鉄)を結合固定し鉄分ミネラルを固定沈澱へと進み「貧鉄」にする。→→でも、必須ミネラルを補給された沈澱物,バクテリア,微生物の活性で分解により消費された栄養塩類が再び水域水圏に還元され循環する。

それらの過程では、水域水圏の溶存態鉄(水溶鉄Fe2+)と結合して固定化し沈澱する繰り返しのためや人類活動から大量に排出され続ける人為由来の化学物質が水域水圏に溶け込んで、慢性的な『貧鉄状態』陥る生態系へのマイナススパイラルが必至。

プランクトンの中には・毒素を発生する種類, ・光合成をする種類, ・魚介類の餌として食物連鎖するが、過剰に大増繁殖すれば水質悪化はもちろんエラ呼吸をも害す。

◎水域の栄養塩類の富栄養化対策は:発生時のFe2+を腹六分目に供給してケミカル特性で栄養塩(リン分,チッソ分)を固定して減溶し沈澱するように方策とすれば 「赤潮.アオコ等プランクトン」 の大量発生は防止できる。 ◎ヘドロ,底層堆積物を対策すれば必然的に底層.水質改善もする。

◎富栄養化抑制の手段は

兎に角まず、人為的な栄養塩類を過多.過剰に排出をしなければ起きない。   だが起きた場合、貧鉄水域をつくらない為に《未酸化のピュア鉄微粉》を栄養化水域に。or , and 生き物動植物に必要不可欠で

 

サイエンス特性に優れケミカル特性のある《生成期の無垢な二価鉄イオンFe2+》を生成し供給するシステムを確立。

※地球水圏を化学物質で慢性的《貧鉄》状態にすると 生物多様性 ,食物連鎖 への悪影響が多大拡大 気候変動を惹起し地球生き物の存続に関わる   それらすべてを解決可能にするのがFe2+。

※天然自然の摂理に合致する技術《Fe2+活用法》はほぼ無害で有益な多機能(科学特性,化学特性)ある源

※Fe2+は超微粒子ナノだが地球マクロ多岐への働きかけ

Move 無有産研究所           杉本幹生