〔問〕

あなた自身(各自)の問題でもある気候変動を止める方策をお持ち(お考え)でしょうか?

ぼ-っと生きてじゃね-よ!(チコちゃん)

 

古来の叡智、教科書から導く。気候変動解決策!

 

-誰も否定出来ない事実-

【生命誕生の摂理】

〔定説〕

原始の地球を覆っていた大気中の二酸化炭素が減少し、やがて 窒素や酸素が主たる構成に入れ換わった。

その後、二酸化炭素CO2を消費し酸素を創り出す生命体ストロマトライトが誕生。  

(CO2+光+水→O2↑+α)光合成する微生物が生まれ地球を取り巻く大気に大量の酸素が供給される。

と同時に、酸素に太陽紫外線が当たりオゾンを合成してオゾン層を形成し生物を守ってきた。…………

 ◎これには、

原始の地球を覆う大気の二酸化炭素が地球水圏に溶け込み炭酸イオンとなり、しかもマグマが噴出の硫黄分その他が水を酸性化したことから、地表に噴出の鉄(地球質量の30%)を溶かし続けイオン化、

その鉄イオンは再び結合し-鉄化合物-となって沈殿、 《縞状鉄鉱層》を形成して《鉄鉱石鉱山》となった現実。………定説

      

◎そして、

多種多様な生命が誕生し進化して地球生態系の循環と連鎖を担ううち、CO2を生体に固定する生物のサンゴや貝類や甲殻類があらわれ、過剰に増繁殖して炭酸カルシュウム(CaCo3の貝殻,骨)が堆積し化石化、《石灰石鉱山》を造り上げた事実…………

    

僅かこれだけの自然摂理からでも解るように

地球全体の水圏域においてCO2の・溶存・消費消化・固定・合成などが行われた事実を確認でき、疑う余地が全くない。

※生命体に必要不可欠な必須ミネラル『Fe2+』二価鉄イオンのもつ重要な機能と役割を切り離すことは出来ない。

 

 ◎また、

光合成(炭酸同化作用)する微生物.植物が誕生して、盛んに二酸化炭素を消費して酸素を合成し大気中へ放出するとともに成育過程で炭水化物その他として固定、それが堆積物となり、

化石化して 《石炭層》を形成 或は 《原油.ガス層》を形成した。    

 

※古生代には膨大に増繁殖できるキャパシティがあった。

これらはすべて数万.数億年の歳月をかけた産物 〔地球の貯蔵.埋蔵品〕

なのに、それを産業革命以降の短時間で無制限に地表に掘り出し続け、 焼却 分解 合成 をした人為由来の化学物質をつくった事が 今 深刻な環境問題(地球温暖化,気候変動,異常気象,水環境悪化,他)となり具現化している。

 

 【環境問題解決策】  

問題の解決には 地球数億年前に 二酸化炭素が固定化と消費消化されて生命が誕生した原理をたどる。・摂理

つまり、上述の二価鉄イオンの多機能「科学力と化学力」術をつかう解決策。 数億年前からの自然天然の営み(摂理)を応用しては如何でしょうか?   *金属鉄をイオン化すれば 万倍 のFe2+となり科学力と化学力をもち水圏域に広がる。          

             

無機から有機を産む技術

MOVE   無有産研究所

杉本幹生    

Tel 090 8363 5734