地球環境問題の解決に適応する 無比無類技術

 

《作用効果の検証》は

サンプル提供しますから

是非、各自が実証試験(フィールドorラボ)され確認して下さい。

地球に生命が誕生した奇跡と偶然のきっかけづくりに貢献した『水と鉄の存在』をヒントに考査を重ね、 鉄をイオン化し『発生期の無垢な二価鉄』の機能を使う発想に至る。

エネルギーもメンテナンスも使わずその二価鉄イオンを継続して発生する無比無類技術を使う。

地球の環境問題-(温暖化,異常気象,など気候変動,水圏の水質悪化,生物多様性の変化,他)-を二価鉄の特性.機能で解決できる論理を義務教育と農業環境から知る。

[単純不二な原理]

水など媒体が介在すると、金属鉄材/炭素材の密接界で生まれる電位差[電気陰性度差.酸化還元電位差]から継続して鉄の電子移動がうまれ産生する “二価鉄イオンFe2+”が、無垢でラジカルだから鉄イオンの全機能が使える。

※電子移動※

鉄が電子を失い, 炭素が鉄電子を得ることで二価鉄イオンを生成する(電位差で電子移動)原理

  • 酸化…電子を失う反応,酸素原子と化合する反応,水素原子を失う反応
  • 還元…電子を得る反応,酸素原子を失う反応,水素原子と化合する反応

【世界中で実施可能】

世界各地で様々な大災害が頻発化し手遅れになる寸前!!

安全かつ簡単な原理技術をつかい一日も早く、

世界中の力と智恵を併せ絶対解決すべきテーマが地球環境問題    

だから、 考査      

『生成期の無垢な二価鉄イオン』で地球環境問題を解決する技術を国益に役立てる。    

こうすれば 一番有益な手段で世界中へ迅速に発信され、実施しやすくなる筈。               

※注)鉄分が環境改善に有効だからこそ、日本の学者も 電力研究所も 米国の科学者J-マーチンも「硫酸鉄など鉄化合物」を

HNLC水域の海洋散布実証試験に採用した事実。

だが、ここで

※注)結合済の‘鉄の錯体 や 鉄化合物’では、鉄本来の機能を使っており役割を大部分失っていると考えられる。                 

      

MOVE 無有産研究所

百姓で寝太郎 杉本幹生 Tel 090 8363 5734