【効果の差と効率】  

       安全で有益な植林 森林等陸上植物の『グリーンカーボンオフセット』は地球占有30%の陸地の利用。

・砂漠地や 山岳地帯や極地の不毛地もあり、  

・樹木には落葉樹もある,常緑樹の森で森林火災が発生すると酸素は消費され光合成効果はゼロに戻るし、植物固定の二酸化炭素,他を再び放出する。

炭酸同化作用で光合成する酸素産成(大気中に酸素を放出し、オゾンにも変換)もカーボンオフセットとなるが可逆。……

一方 防災,治山治水および別用途(木材として,パルプとして活用)できることで重宝 と思いますが成長と発効に年数が必要。

  それと比較して、 地球占有70%の水圏域による『ブルーカーボンオフセット』の水圏は

 ・二酸化炭素,他の化学物質〔溶け込み吸収オフセットの場〕

 ・海藻草 水草 植物プランクトン等利用の〔光合成オフセットの場〕

で 『ブルーカーボンオフセット』には壁も国境もなくエンドレスの無限サイクル。  

◆水圏に溶け込む二酸化炭素,他化学物質は継続して溶存態の鉄(Fe2+)と結合し沈殿もする。

-(天下無双のFe2+機能)-  

しかも、水圏のブルーカーボン受容体は寿命が短く常に循環し 水棲生物の生命誕生と維持の源としても利用されている。  

 だから、

 ・様々な溶存化学物質と 化学結合し沈殿で失われ欠乏する「Fe2+」と

 ・水棲動物植物の生命循環で消費される必要不可欠の必須ミネラル「Fe2+」を補給し続ける必要がある。

そのFe2+には科学特性と化学特性の変幻自在な機能に即効.即益性がある。

※Fe2+溶出体,生成技術  PAT5258171.ほか数件

      手遅れ前に今対策!、今すぐできる技術     杉本幹生