@生成期の無垢な二価鉄イオンは水質改善に総合力を発揮する。

@水溶の溶存態鉄分は水棲動物植物の吸収摂取に寄与する。

-水溶性の鉄Fe2+が不足-     を仮説に      

《Fe2+生成技術を発明》

【最重要点】

[シジミ復活]は水質の改善以前に水環境全体の改善をもたらし、

総合的に水棲動物植物と生物多様性の復活再生を意味している証。

※万物生存には水も二価鉄も必要不可欠。

(例記) 鳥取・加茂川の水質,低層,底質の改善および水棲動物植物の回復(4~5年間で)実態を推論  

 【悪化の一因】    

化石燃料燃焼ガス ,生活排水 ,農畜産廃水 ,工業産業排水 ,化学農薬肥料 等々から人為由来の化学物質を過剰使用.大量排出で二価鉄が固定され沈殿し溶存不足(動植物へ補給不足)の引き起こしが原因

 △富栄養化の水域 かつ 腐植物質の堆積もある河川の上流に二価鉄イオン発生体を(4,5年前)設置   或は  

 △河川全体に二価鉄イオン発生体の粒塊を粗く撒布し、

継続して産生期の無垢な二価鉄イオンを発生供給すると      

 ■悪化の一途で対策ナシの河川に二価鉄イオン生成体を設置した事からの変化事実(改善現象)

◇水中に溶けている様々な化学物質と二価鉄イオンが反応し結合して沈殿する水域の改善機能,他      

◇沈殿する鉄分は水棲動物植物,微生物を育成するに必要不可欠の必須ミネラルとして補給される      

◇産生する無垢な二価鉄イオンと腐植有機酸とが“光触媒”を合成して低層底質の堆積物質,他の分解を助け また 水底の微生物を活性し増殖繁殖で有機腐植物の微生物分解を促進する      

◇生育する二枚貝類(シジミ,アサリ,他)は水質改善に働き、巻き貝類(カワニナ,ウミニナ,他)は水底の有機物を消費し、蟹など甲殻類は有機物,プランクトン他を食し清掃循環する    

◇又、 二価鉄イオンは水棲の光合成生物を活性、酸素を生み出し酸素溶存量を増やす CO2+光+水→酸素+α  

◆地球上に人類が存在する限り不可欠な¨二価鉄イオンの生成技術¨を発明    

  自然の営みは複雑で多岐に影響し合い生命の多様性を維持し循環する。が

※氾濫する「人為由来の化学物質の溶存」がバランスを崩し、溶存化学物質と二価鉄の結合が原因で不足欠乏している『水溶性鉄(二価鉄イオン)の補給』をすることで水圏水域が修復再生できる。

二価鉄イオンが科学力と化学力と複合作用を多様に機能発揮する。           –以上–      

 

(証)富栄養化等でヘドロなども堆積する河川の加茂川はヘドロが改善され3cm程度のシジミが多く採れるまでになり、水質浄化も向上している 他            

杉本幹生

Tel 090 8363 5734